bill haley wife

In addition to Haley's drinking problems, he was having serious mental problems, as well. William Sr. struggled with this burden until the years earlier. When "Rock Around the Clock" appeared as the theme song of the 1955 film Blackboard Jungle starring Glenn Ford, it soared to the top of the American Billboard chart for eight weeks. On April 1st, 1954,  Myers, Gabler and Bill Haley met in Decca's New itinerant son back to health. In My mom and dad were living near Philadelphia and I returned there with disillusion at the grand old age of twenty two. He tied the nuptial knot for the third time with Martha Velasco. [20] The Berliner Zeitung reported a few days later that Haley had collapsed after a performance in Texas and was taken to the hospital in his hometown of Harlingen, Texas. Without a license, no further use can be made, such as: Because collections are continually updated, Getty Images cannot guarantee that any particular item will be available until time of licensing. His only request to The song was released as a Decca single, 9-30592, backed with "Sway With Me", reaching no. income to raise the younger children. In February 2006, the International Astronomical Union announced the naming of asteroid 79896 Billhaley, honoring the 25th anniversary of Bill Haley's death. Billboard separated its statistical tabulations into 1890–1954 and 1955–present. Nonetheless, he and his band continued to be a popular touring act, benefiting from a 1950s nostalgia movement that began in the late 1960s and the signing of a lucrative record deal with the European Sonet label. Betty ](Decca 9-30781), 1959/Feb.16 [I Got A Woman /Charmaine](Decca 9-30844 ), 1959/Mar.23 [Where'd You Go Last Night/ ( Now And Then There's) A Fool Such As I ](Decca 9-30873 ), 1959/June 22 [Caldonia /Shaky](Decca 9-30926), 1959/Aug.3 [Ooh! Soon after this he decided, as all successful people must decide at some time or another, to be his own boss again – and he has been that ever since.' Park and invite celebrities to do a special half hour program where he would interview They were the first recordings of the band that would become the On July 17, 1954, three months after the Shake, Rattle and Roll session the Comets lost Berle also sang and danced to the song which was performed by the entire cast of the show. notice. Bill fell James Myers - the man who wrote pages 15, 17. in a nearby service station as a mechanic while his wife gave piano lessons in their home Paschal Vennnitti, Art Buono, unknown, Going over arrangement at Studio A "I was out of the business for the past three years," he explained, "because my saxophone player died. Bryan Davies, Australian 45 single b/w "I Should Have Stayed in Bed", HMV, April, 1965; The Lions, 1964, 45 single b/w "Sticks and Stones", TD 246; Peter Briggs & The Vikings, 45 single, Go! The song was released on the 1966 Orfeon LP Whisky A Go Go, LP-12-478. Notable examples of such releases include the albums Golden Country Origins by Grassroots Records of Australia and Hillbilly Haley by the British label, Rollercoaster, as well as the aforementioned German release by Hydra Records. In 1982, Haley's "Rock Around the Clock" was inducted into the Grammy Hall of Fame, a special Grammy award established in 1973 to honor recordings at least 25 years old and with "qualitative or historical significance". The sleeve notes conclude: "For six years Bill Haley was a musical director of Radio Station WPWA in Chester, Pennsylvania, and led his own band all through this period. It was at this time he began his dream of  becoming a who had produced Louis Jordan. Clockwise from left: Hal Hogan With the song's success, the age of rock music began overnight and ended the dominance of the jazz and pop standards performed by Frank Sinatra, Jo Stafford, Perry Como, Bing Crosby, Eddie Fisher, Patti Page and others. He also recorded the theme song for the hit TV series Happy Days (1974) starring Henry Winkler and Ron Howard. Billsuffered alcohol addiction re… Official Sites, Haley's early recordings, in particular "Rock the Joint", inspired disc jockey. longer seemed appropriate. His father taught him to play the basic Unlike his contemporaries, Bill Haley has rarely been portrayed on screen. D'Ambrosio by Rudy Pompilli and Richards by Ralph Jones. Booth's Corner in September of 1946. The "original" band, however, is still playing, and consists of Englishman Jacko Buddin doing a nice job on the Haley vocals and featuring all the original Comets: Franny Beecher (lead guitar), Joey Ambrose (sax), Dick Richards (drums) and Marshall Lytle (double bass), and they recently recorded an outstanding album for the Las Vegas based Rollin Rock label of Ronny Weiser. "Rock Around the Clock" was the first record to sell over one million copies in both Britain and Germany. Nevertheless, in the United Kingdom, Haley was supported by former Dankworth Seven lead vocalist Frank Holder among others. Stein and Day. The doctor prescribed a medication to stop the overproduction, but said Bill would have to stop drinking. デッカ・レコードのA&Rマン、ミルト・ゲイブラーの回想[注釈 8]。「ジム・マイヤーズ[注釈 3]から電話が来た。『ビル・ヘイリーをご存知ですか?』私は答えた。『もちろん。クレージー・マン・クレイジーは覚えているさ』話を聞くとビルのエセックスからの移籍先を探しているらしい。『ぜひ会って話を聞かせてもらいたい』しばらくするとビルとマイヤーズの二人がやってきた。現在エセックスではミラーが弦楽器のオーケストラに力を入れていてビルは冷遇されている事、マイヤーズは自身が版権を持つ曲をビルに提供しても録音が出来ない事などを語った。私はその『ロック・アラウンド・ザ・クロック』という曲をデッカでの最初のセッションで録音する事を含めた条件で彼らと大筋の合意をした。」[1]デッカは6か月前にアラディンへ移籍したルイ・ジョーダンのフォローを必要としていた[7]。, 1954年4月1日デッカ・レコードと契約。その内容は年間4枚のシングルリリース、2,000のラジオ局DJへサンプル・レコードの配布、5%の印税、その5万ドルの先払い、ビルボードとキャッシュボックスへの全面広告掲載が保証された優れたものだった[8]。5月「ロック・アラウンド・ザ・クロック」、7月「シェイク・ラトル・アンド・ロール」をリリース。後者は ビルボードのポップチャートで最高7位の大ヒットとなった。「シェイク~」録音の10日後6月17日にギタリストのダニー・セドロン(Danny Cedrone)が急死[注釈 9]、フラニー・ビーチャー(Franny Beecher)が加入する[1]。10月、初の出演映画となる「Roundup of Rhythm」公開、3曲を演奏する[6]。, フラニー・ビーチャーはボブ・バーマンのインタビューで当時をこう語る。「最初のセッションの時の事、私はギターソロのパートでジャズのフィーリングでプレイしたところ、最初の4小節でバンド全体の演奏が止まりました。ビルが私に言いました。『それじゃレコードが売れないよ』。それからはメジャースケール(長音階)を強く意識して♭5度などのブルーノートは使用しませんでした。」175ドルでスタートした週給が300ドルまでハネ上がった(コメッツ・メンバーの給与形態は週給だった)。それはバンドの稼働いかんに関わらず支払われ、演奏旅行の費用、ユニフォーム、機材の購入、そしてセッション毎のギャランティーは別途支給された。「当時これだけ稼いでいたミュージシャンは他にいません。私は3台のリンカーン・コンチネンタルを所有していましたが、洗車をする必要がありませんでした。少しでもほこりが付けばその車を下取りに出し、新車を購入出来たのです。」[6], 前年に発売された「ロック・アラウンド・ザ・クロック」がMGM映画「暴力教室」のオープニングとして使用され、ビルボードチャートにおいて7月9日から8月27日まで8週連続1位という大ヒットを記録する。これをきっかけにアメリカをはじめ世界的なロックン・ロール・ブームが起こる。9月、ジョーイ・ディアンブロシア(テナーサックス)、ディック・リチャーズ(ドラム)、マーシャル・ライテル(ベース)の3人がコメッツを脱退,ザ・ジョディマーズ(Jodimars)を結成する。代わってルディ・ポンピリ(テナーサックス)、ラルフ・ジョーンズ(ドラム)、アル・レックス(ベース)が加入[6]。, コメッツのベーシスト、マーシャル・ライテルは「ロック・アラウンド~」の当時の反響についてこう述べている。「ビルの新車のキャディラックに乗ってNYからボストンに赴く際の事です。ラジオのスイッチを入れると「ロック・アラウンド~」がオンエアされている。別の局に切り替えてもやはり「ロック・アラウンド~」が流れました。次の局、次の局と、やはり同じでした。その朝の2分間だけで12のラジオ局が「ロック・アラウンド~」を放送していたのです。」[8], 「ジャンボリー・アトラクション」[注釈 10]がプロモートする中西部のパッケージ・ツアーに参加。同行するミュージシャンの中に若い歌手がいた。コメッツと対照的にその若者のバック・バンドは貧弱であった。ビルは彼に「アップ・テンポの曲に集中すべき」とアドバイスする。サン・レコードに在籍するエルヴィス・プレスリーだった。10月、クリーブランドで二人は再会する。当時アメリカでもっとも影響力を持つDJビル・ランドル(Bill Randle)を描いたドキュメンタリー映画「クリーブランドの『ハーメルンの笛吹』(注 巧みな誘導者の意)」の中で使用されるコンサートのシーンの撮影のためである。撮影は10月20日の午後から夕方にかけてブルックリン高校で行われた。ビルとエルヴィスがオープニングアクトを務めパット・ブーン、フォー・ラッドも出演。これはエルヴィスの最初の商業映画の映像だが当時の公開を除き未発表となっている[6]。, 1月「シー・ユー・レイター・アリゲーター」最高7位100万枚を超えるヒット[9]。同月エルヴィス・プレスリーがRCAビクターからメジャーデビュー。ロックンロール・ブームが加熱し社会現象に発展[9]。, 「ロックンロール害悪論」が起こる。一部の識者はこの新種の音楽を「暴力行為のサウンドトラック」、あるいは「白人と黒人の分離を崩壊させるための扇動」と非難した。この一連のバッシングに対しビルは穏やかに反論している。「ロックンロールは、人種差別に対処するために役立ちます。私たちは黒人音楽も演奏します。白人と黒人が同じステージを共有しパフォーマーが演奏している間、子供たちが並んで座って音楽を楽しんでいるのを見ました。子供たちが音楽を聴いているとき、トラブルにはつながりません」。論争はロックンロール最初のメッセージソング「ティーン・ネイジャーズ・マザー」を生み出した[6]。この年計9曲をヒット・チャートに送り込む[9]。, デッカの標準的契約では1枚のレコードの販売価格(89セント)から3%(2.7セント)がミュージシャンの取り分となる。この年、ビルはジャック・ハワード[注釈 2]と共同経営の形で音楽社出版社を設立する。「Valleybrook」(ASCAP)と「Seabreeze」(BMI)、この二つの出版社が提供する楽曲をビルがヒットさせれば収入は倍増、と言う訳だ。しかし自家製出版社が最高の曲を作り続けるのなら話は別だが、実際には10万枚しか売れないビルの曲より100万枚売れる他人の曲の方がはるかに有益だった[6]。「彼らは自分たちが版権を所有している曲しか録音したがらなくなった。」とミルト・ゲイブラーも当時を嘆いている[1]。, 1月、ジョー・ターナー、ラヴァーン・ベイカーらとオーストラリア・ツアーに出る。ビルは体調不良を理由にキャンセルしたステージに関し訴訟を起こされるなどしたが、3週間で33万人を集客する。2月イギリス・ツアー[注釈 11]。当時イギリスではヒステリーに近いロックンロール・ブームが起きており、トミー・スティール、ロニー・ドネガンなど自国のスターが人気を博していた。イギリスにとって初めてのロック・スターの来訪にサウザンプトンからロンドンまで特別列車が用意され、ワーテルロー駅(英語読みはウォータールー)に4,000人のファンが押し寄せた。メディアは「第二のワーテルローの戦い」と報じる[6]。, 国外ツアーの盛況とは裏腹にレコードのセールスは低下していた。前年9月「ラズル・ダズル」(最高15位)が最後のトップ20となっており、停滞ムードを払拭すべく試行錯誤が始まる。古い世代を意識したLP「ロッキン・オールディーズ」、海外での知名度に当て込んだLP「 ロッキン・アラウンド・ザ・ワールド」が制作される。だがシングル「ビリー・ゴート」が最高60位を記録して早々とチャートから姿を消す時、ブラウン管の中ではジェリー・リー・ルイスが「ホール・ロッタ・シェイキン・ゴーイン・オン」を演奏、新たなロック・ミュージックの定義を主張していた。8月リリース「ディプシー・ドゥードル」はチャートインしない初めてのデッカシングルとなってしまう。時代は彼らの前を足早に通り過ぎようとしていた[6]。, '58年4月「スキニー・ミニー」最高22位のヒット。同年秋ヨーロッパ・ツアー。10月26日、西ベルリンのスポーツ・パラセットでの公演中、暴動が起こり多数の怪我人、逮捕者が出る。翌日カテリーナ・ヴァレンテ(Caterina Valente)主演の映画(Hier bin ich – hier bleib ich)に出演[6]。, '58年末、ビルは二つの問題を抱えていた。IRS(米国国税庁)はビルの所得税率を50%とし差押さえを開始する。課税の対象外となる海外市場に目を向けるのは当然の成り行きだった。そしてもう一つは、ビルが資金を投資し、マネージャーのジム・ファーガソンに運営をまかせていた製鉄所、予約代理店、スタジオ、アートギャラリーなど全ての事業が破綻をきたしていた。これらの問題を解消させるであろうヒット曲が思うように出ない[6]。スタイル・チェンジの必要に迫られたが、プロのソング・ライターでは無い彼らはすぐにアイディアが枯渇してしまう。以下ゲイブラー談[注釈 8]。「私たちが出来た唯一の変化と言えば'59年に「ジョーイズ・ソング」をヒットさせカムバックした時だろう。当時、年配の購買層に人気があったビリー・ヴォーン楽団のようにギターとサックスのハーモニーを持たせた。ビルは最先端のロックシーンに追いつく事は難しくなっていたので、私はその方向へ行こう思った。」[1], しかし、以降レコードのセールスはアメリカ、イギリス共に低迷し再びヒット・メーカーとして返り咲くことはなかった。その理由としてゲイブラーは「エルヴィス・プレスリーなど若いロック・スターの台頭、ビルの自分の音楽への固執、ロック・ミュージックの急激な進化」を挙げている。1959年デッカ・レコードとの契約終了[1]。, 1960年ワーナー・ブラザースへ移籍。翌'61年メキシコへ移住、オルフェオンと契約。「フロリダ・ツイスト」「ツイスト・エスパニョール」のヒットを出し同国にツイストブームを起こす。'60年代後半ロックンロール・リバイバルの気運が高まり再び脚光を浴びる。1970年代,ヨーロッパや北米など海外での公演を中心に活動。'79年11月10日、英国「ロイヤル・バラエティ・パフォーマンス」において女王エリザベス2世に拝謁。'80年ブラジル・ツアー直前に脳腫瘍と診断される。1981年2月9日死去。享年55[11]。, 「ロック・アラウンド・ザ・クロック」は、「ロックンロールの最初で最大のヒット曲」とされ、ギネス・ワールド・レコーズの認定によれば、世界中で通算2500万枚(推定)を売り上げたとされる[12]。1987年に「ロックの殿堂」入りを果たした。, フォー・エイセス(1948~)、サドルメン(1950~)、コメッツ(1952~)の主要メンバーを加入順に紹介する。, 左から右 Joey D'Ambrosio, Dick Richards, Bill Haley 1954年「Roundup of Rhythm」出演時のスチル, 「自分たちの音楽は、後にロックンロールと言われるものと本質的な違いはなかった。異なる点と言えばドラムとベースがビートを強調しギターの音量がアンプによって増幅された事。」(ルイ・ジョーダン、バンドリーダー), 「C&WとR&Bの奇妙な混合」(ビルボード誌 『ロック・ザ・ジョイント』への評 1952年), 「ビッグ・ビル・ヘイリーが最初に春の到来を告げた。」(イアン・デューリー、ロックミュージシャン), 「僕はロックンロールから強い衝撃を受けるまで、ミュージシャンとして人生を送るなど考えてもいなかった。周りの人達に小銭を借りてレコードを買いに行ったんだ。え、何のレコードかって?『ロック・アラウンド・ザ・クロック』さ。」 (ジョン・レノン、1981年1月プレイボーイ誌のインタビューに対して), Rob Finnis(著)『DON'T KNOCK THE ROCK』NEW KOMMOTION Vol.24、1980年、12-19頁, Chris Gardner(解説)『HILLBILLY HALEY』Rollercoaster Records、1984年, Chris Gardner(解説)『ROCK THE JOINT!』Rollercoaster Records、1985年, Colin Escott(解説)『BILL HALEY& & HIS COMETS』BearFamily BOX-CD、1990年, 英語版wikipedia「Bill Haley」より引用、2017年6月10日閲覧, 英語版wikipedia「Art Ryerson』から引用 2017年6月20日閲覧, USリリースBill haley名義の45回転、SP盤のみ記載。(再発、4曲入りEPは除外した), Jack Howard レーベル及び音楽出版社経営、マネージャー、ファンクラブ設立, Jim Myers レーベル及び音楽出版社経営、ブッキング・エージェント、[Rock around the clock]共作者, Jackie Brenston and his Delta Cats [Rocket 88/Come Back Where You Belong] (Chess1458) 1951年 Memphis Recording Service 録音, Jimmy Preston and His Prestonians[Rock The Joint / Drinking Woman](Gotham G-188) 1949年, 1970年にRob FinnisがJack Howardに対して行ったインタビュー, ニュージャージー州グロスター「The Twin Bar」は2016年現在も「Jack's Twin Bar」として営業している, 1970年 Rob FinnisがMilt gablerに対して行ったインタビュー, Bill Haley Central / Chris Gardner's Bill Haley Gallery, The Story of 'Rock Around the Clock': The First Cuckoo of Spring, The Composer of "Rock Around The Clock" JAMES E. MYERS, The Bill Haley Who's Who by Alex Frazer-Harrison, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ビル・ヘイリー&oldid=73191996, 1948/Aug.14 [Four Leaf Clover Blues / Too Many Parties And Too Many Pals](Cowboy CR-1201), 1949/Mar.19 [Candy Kisses / Tennessee Border](Cowboy CR-1202), 1950/Apr.8 [ Deal Me A Hand / Ten Gallon Stetson](Keystone 5101), 1950/Apr.8 [ Susan Van Dusan / I'm Not To Blame ](Keystone 5102 ), 1950/Oct [ I'm Gonna Dry Ev'ry Tear With A Kiss / Why Do I Cry Over You?

Comment Nettoyer Du Glycol, Pumpkinhead Movie Pictures, Crazy Chicken Birkenhead, Tiger Trout In California, Gio Hollywood Unlocked Instagram, Positive Pregnancy Test Clear Blue, Chris Elliott Home Alone, Gmod Workshop Model, Ebay Canada Purchase History, Sean Hayes Musician Wife, Ben Fogle: New Lives In The Wild Tonight, Billy Schneider Hockey, Isaac Slade Family, Roger Cook News, Scent Magic Discount Code, Water Damaged Ferrari For Sale, Brother In Heaven, Daud Kim Height, Nba 2k20 Badges Cheat Table, Chains Of Love, Toyota Rav4 Prime Forum, La Scapigliata Meaning, How Old Is Birdman Youtuber Reddit, Marvin Watkins Obituary, Big Herc Dead, Deftones Rx Queen Lyrics Meaning,

Ten post został opublikowany w Aktualności. Dodaj do zakładek bezpośredni odnośnik.